阿里山の森

グループ展に参加するために台湾へ行きました。今回は台北→台中→嘉義→台北と

移動して、途中以前からとても行ってみたかった阿里山へ連れて行ってもらいました。

阿里山に着いた時は、嵐のようでしたが、宿泊する民宿「阿里山森居」

オーナーさんが駅まで迎えにきてくれて、豪雨の中を

全く気にする風でもなく、檳榔(びんろう)の鬱蒼と生い茂る山の中を

車で激走して行くのでした。さすが台湾!

 

arisan1

 

阿里山には標高2,000mを超える山が18あり、有名な阿里山登山鉄道が走っています。

私もこの列車に乗ってみたかったのです。赤い列車と深い緑とコントラストが美しい。

 

5

 

泊めてもらった民宿「阿里山森居」

勾配の厳しい山の上、霧と雲海の中、隠れ家のように現れた素敵なお家。

お庭や玄関に犬が沢山いて、生まれたばかりの子犬が5匹もいてラッキー!

かわいかった〜

このお家の中には、大きなリビングとお部屋が2つ。

友達の家に遊びにきたように、落ち着けます。

展覧会のメンバーで貸し切りだったので、雨で鮮やかになった森を眺めたり、

カエルや鳥の声を聞きながら話し込んだりして、ゆったりと過ごせました。

 

 

arisandogs

 

玄関あけたら、すぐワンコ。

 

arisan5

 

arisan4

 

夕食はオーナーさんのお母さんのお料理が食べれます。

お母さんも近くで民宿を営んでいます。お母さんのお料理、すごく美味しかったなぁ。

阿里山森居は、何とも落ち着く場所でした。

 

又是非行きたいです。

 

 

10

 

 

翌日も雨で残念ながら、美しい日の出は見れなかったけれど、

それはもう一度ここに来る理由になったという事、嬉しくもあります。

雨が小降りになったところで、旧線路道を神木を見に歩きます。

線路の中に木屑や葉っぱが堆積してるのか、ふわふわでとても歩きやすい小径ですが

少し道をそれて森に入ったら、もう戻れそうにない。振り返ったら、小径も霧の中。

でも緑が深く生き生きしていて、目に入るものが怖いほど綺麗なのです。

吸い込まれてしまいそう。

 

 

arisansinboku

 

そんな森の中を歩いていると、霧の中に巨大な神木が現れました。

下の方に写っているのは、私たちなのですが、

実はこの時、この大樹の存在に気づいていません。

見上げて、本当にビックリ!でした。

 

sinboku

 

霧が濃くなってきました。

でも霧はこの樹の呼吸する息吹のようです。

 

 

「阿里山森居」

 

 

 

 

カテゴリー: | 投稿日:2014年08月24日(日) 11:38 PM